ワクチン詐欺が疑われる相談が寄せられています!

掲載日:2021.05.19

国民生活センターでは、新型コロナワクチンの接種に便乗した消費者トラブルや悪質商法(ワクチン詐欺)に関する相談を受け付けるため、「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」を開設しています。

令和3年2月15日の開設から4月22日までの約2か月間で741件の相談があり、そのうち、ワクチン詐欺が疑われる相談は17件でした。

 

詐欺が疑われる具体的な相談事例としては、次のような内容がありました。

・スマートフォンに「ワクチン接種の優先順位を上げる」というメッセージが届いた。

・「ワクチンを優先的に接種できる」と所管省庁をかたった電話があった。

・余ったワクチンを案内していると電話があった。

・中国製ワクチンを有料で接種しないかという勧誘があった。

・携帯電話に新型コロナワクチンの関連で、口座情報等を尋ねる電話があった。

 

ワクチン接種は無料ですので、金銭を求められても決して応じないでください。

また、行政機関等が「ワクチン接種に必要」などと言って個人情報や金融機関情報を電話やメールで聞くことはありませんので、聞かれても決して答えないでください。

 

詳細は、次の国民生活センターのホームページでご確認ください。

〇国民生活センターホームページ:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20210430_1.html

〇新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン:0120-797-188(なくな いやや)

相談受付時間 10時~16時(土曜、日曜、祝日を含む)