虚偽・誇大なアフィリエイト広告にご注意ください!

掲載日:2021.04.12

アフィリエイト広告(成功報酬型広告)を見て、通信販売の化粧品を購入した消費者から、「シミが消えるなどと表示されていたので信じて購入したが、表示されていたような効果はなかった。」といった相談が、各地の消費生活センターなどに数多く寄せられています。

消費者庁が調査を行ったところ、あたかも当該商品を使用すれば3日から1週間程度で肌のシミが確実に消えるかのように表示していましたが、実際には、当該商品には肌のシミをこのような短期間で確実に解消するような効果はなく、「虚偽・誇大な広告・表示」を行っている事業者が確認されました。

また、広告に掲載されている体験談についても、アフィリエイターが画像やテキストを編集して実在の消費者の体験談であるかのように見せかけた架空のものでした。

 

インターネットにおいては、この広告のように、事実と異なる表示により消費者を商品販売サイトに誘い込む手口が見られますので、十分に注意しましょう。

また、通常販売価格よりも安い「初回限定価格」などの好条件が強調されているような場合には、定期購入なのかどうかなど、契約内容を最後まで確認しましょう。

取引に関して不審な点があった場合には、各地の消費生活センターなどや警察に相談しましょう。

詳細は次の消費者庁のホームページでご確認ください。

〇消費者庁ホームページ:https://www.caa.go.jp/notice/entry/023269/

〇消費者ホットライン:電話番号188(いやや!)

〇警察相談専用電話:電話番号#9110