アパート退去時の高額請求

相談内容

転勤をすることになり、現在住んでいるアパートを退去することにした。
退去時には敷金が返金されると聞いていたが、壁クロスの修繕費等の費用を差し引かれ、返金どころか修繕費まで請求されてしまった。

アドバイス

①一般には借主が通常の利用をしていて、経年劣化に伴う汚損による場合は、その部分の原状回復は貸主の負担となります。納得できない場合は貸主と自主交渉をすることになります。

②自主交渉の際には、必ず次のポイントを確認してください。
1. 契約書の確認
 入居時にもらった契約書はありますか?なければ管理会社等から取り寄せましょう。退去時の原状回復にかかわる条文あるいは特約事項はどのように記載されているか確認しましょう。
2. 家賃や管理費等の滞納の有無
 家賃や管理費等の滞納・未納はありませんか?あれば敷金から差し引かれます。
3. 修繕費用の確認
 修繕にかかった工事があった場合、請求書の写しをもらいましたか?確認する上でももらうようにしましょう。

これらのポイントを確認したうえで、契約書や修繕費用の請求書の写しなどを持参して、家主あるいは管理会社と確認・交渉してください。
なお、当事者間で解決できないようであれば、民事調停の申し立てあるいは少額訴訟制度を利用することもできます。